神事

神事は七時から始まり、夜通し舞われる夜神楽は33番です。

この舞は鬼神舞で、比木神楽は高鍋神楽といわれ、能を思わせる優雅さがあり、高鍋藩秋月歴代藩主から庇護をうけ、現在まで伝えられた貴重な神楽です

朝七時ころ夜が白み始めたときに納神楽が舞われます。