金ヶ浜をゆく

日向市の金ヶ浜海岸はサーファーのメッカになっています。

百済王族の禎嘉王が動乱から逃れ、船二艘で筑紫を目ざしたがシケに襲われ漂着したところが金ヶ浜なのです。


今月23日から25日までおこなわれる「師走祭り」では、比木を出発してはじめて下車するところは、金ヶ浜です。

この浜で竹を二本立てしめなわを張り、この下で神事が行われ、禊の男衆はおはらいを受け、幟や御神体(袋神)を持って海水に入り、全身を浸すみそぎの場所です。