師走祭りの予行演習

  • 比木神社と神門神社の師走祭りは今週の23日から25日にかけて行われます。
  • 昭和22年までは9泊10日の長丁場でしたが、現代人は忙しいので歩いてのんびりと10日も費やすことはできないので2泊3日に短縮して進行されます。
  • 総代として2回目の参加になるので、9泊10日の日程に基づき紙上演習をしながら祭りに見られる民族的特色と百済王族伝説を検証してみました。
  • 「のぼりまし」(比木神社から神門神社まで)の行程が5日から1日になったことに伴い、歩きからマイクロバスに代わり神人共食の場所が極端に減ったこと、それに伴い祭儀も簡略になったことがみてとれます。