堤防友景


 郷里に帰って八年目になります。

 春夏秋冬の景色が移ろいゆくように出会いもしかり。

 

 今日はどうされたのかなぁと杞憂するが、ご無沙汰するとそうおもわれていることだろう。