西野塾たより

 《対気》の様子をビジュアルに伝えると西野流呼吸法の凄さがわかると思うが、あまりに非日常的なことが起こるため、«えぇ〜そんなことがどうして?»と塾生でも声を出さざるような現象が起こっています。

 

 下鶴西野塾を開いた頃は、塾生は初めての経験であり、からだもかたいままで変化もほとんでなかったが、自宅でに「天遊」と《華輪》を声出しバージョンでするように指導してから道場での変化が徐々にでてきました。

 

 しかし変化が出ることと、そのことを自覚することは別次元のことで、そのギャップに塾生は悩むのですが、《対気》によってエネルギーあふれるからだになり、どんなことにも興味を持ちエネルギッシュに活動できるようになるから不思議です。