下鶴西野塾たより

 今日は稽古日、一週間でどれぐらいゆるんでいるか愉しみながら始ます。

一週間でそう変わるものでもないかもしれないが、毎日自宅で声出しバージョンで、「天遊」と「華輪」をしていると思わぬことが起こるからおもしろいのです。

 

 塾生はほとんど3年未満ですが、大阪の道場と同じようにやわらかい雰囲気になり、笑い声につつまれ、対気の変化に驚きの声がでいます。

 ゆるめる方法は、「天遊」と「華輪」をすることですが、どうなるのかを言葉で説明することはむずかしいが、呼吸法の一つひとつでいろいろな動きがでてき、対気をすると十人十色の変化になっていることを感じてもらいます。

 

 さて、来週は久しぶりに西野先生に指導を受けます。1月と2月は農業や行事でどうしても行けませんでした。今月も行ける状態ではないのですがゆるめます。