西野塾の一日

 毎月1回は大阪の道場に稽古に行っています。西野先生が第二週は大阪道場で稽古をされるのでそのとき教えてもらいます。

 私のパターンは、月曜日の19時に乗船し、神戸三ノ宮港に7時30分に着き、午前中は大阪の梅田、難波、阿倍野でショッピングや食事をしてのんびりと過ごし、午後1時に西野塾に入り4時まで稽古をし、5時30分から8時30分まで稽古をします。

 

 休息時間には仲間とお茶をしながら西野流の話をして次の稽古までゆるめています。

西野流呼吸法は「ゆるめる」こと、「充足」することができればいいのですが、それがなかなかわからないのです。

 

 その至福感を言葉で言い表すことができないのですが、私は無理に翻訳する必要はないと思っています、口から自然に宇宙語が出るままにしています。その感性を伝達することはないと思っています。

 

 しかし「ゆるむ」、「充足」する方法は、西野皓三先生は「呼吸法」のメソッドの中に誰でもわかるように教えられていますので、修得する方法は愚直に朝夕に「天遊」と「華輪」を声出しバージョンで行うだけでいいのです。それすらしないで、「わからない!?、感じない!!」という人がいますが、世の中に週一回習うだけで上達できることがあるでしょうかね。

 西野A&カレー倶楽部の仲間です。

 水曜日に稽古の後でカレーを食べながら楽しい話をします。

 西野A&カレーの仲間です。このときは席が空いてなかったので別々に座りました。ちょっと寂しかったかなぁ。

 お茶会の仲間です。

西野流についての悩みやら稽古のやり方を愉しく話します。