下鶴西野塾便り

 今日は稽古日です。

 先週から一週間たったのですが、私はいろいろなことがたくさんあってなが〜い期間が過ぎたように思え、一日がなが〜いのです。

 塾生はあっというひまに経ちました、いろいろなことがあったからかなぁと言っています。


 今週もいつものメンバーで道場は笑い声いっぱいです。わたしが教え始めて7年目になりますが、最初は塾長が不要領なこともあり、大阪西野塾のようにと悩みながらの練習だったので、塾生も疑心暗鬼でお通夜のようではなかったが静かなものでした。

 下鶴西野塾になり、塾生に天遊の《声出しバージョン》と《華輪》を自宅で練習するように指導してからみるみるからだがゆるんできました。

 それは対気をみても顕著にあらわれ、まだ1年そこそこの塾生ばかりですが、からだの宇宙語を翻訳せずに体感する(身体知)ようになってきました。