歩苦会3

 気楽な気持ちを打ち破る急登に疲れは5倍、

 誰の胸にもこんなはずじゃなかったと恨み節

登山を甘く見るとそうなるよと天包山の声、すいません、下りは心しております。