新しき村周遊コース

 今日は木城歩苦会の例会です。

 朝7時「木城温泉ゆらら館」を出発しました。毎日歩いている堤防ですが、景色が全然違って見えるから不思議です。


 石河内まで15キロ、川原はあっという間に過ぎたという感覚です。


 石河内までの道中は新緑の中を渓谷をみながら、日々新・友情トンネルの中を歩きながら愉快な道中です。


 2時間も歩くともう石河内で、新しき村が見えてきます。

 鹿遊(かなすみ)茶屋でトイレ休憩をし、木屋町峠の急登にむかいます。途中石河内の全景が見える展望台があり、一息つきます。


 展望台から木屋町峠まではゆるやか登り坂ですが、なかなか着かないジレンマを感じながらようやくたどり着いたという感覚です。


 木屋町峠からは急な坂を転げるように下りると1時間30分で「ゆらら館」に到着しました。時計を見ると12時で、5時間のコースとなり、距離は26キロです。

 ゆっくり温泉に入り、焼き肉を食べるぞ!