下鶴西野塾たより

 今日は稽古日です。いつものメンバーがやる気満々で集まってきました。


 呼吸法の首の回し方として八の字に回すのですが、八の字を横・縦に回すと思っている人がほとんどなのです。それで何がいけないのかですが、首を横・水平に回すと丹田、へそ、みぞうち、むね、百会、ひざ、足芯が首の動きにともなってスムーズに動き、ゆるんでいくのです。

 

 本来はこのようなことは説明をうけてなるほどと頷くものではなく、身体がしぜんに教えてくれるものなのです。


 西野先生が創作された呼吸法のメソッドは、個々のパーツは西野先生のオリジナルのものではないかもしれませんが、全体の順序・構成とゆるみの重畳的変質を通して一体となり、静的なゆるみから動的なものとなり、対気ですべてを包含した宇宙そのものを体感できるのです。