イネつくり日記

 毎日観察していることは、水管理、イネの分けつと畦の雑草の状態を見ています。

 

 6月に田植えをする田んぼ(高城合戦の田んぼで昨年までは何十年と他人に貸していた。)の管理も見ていますが、水口を止め、水尻も止めて田んぼの水持ちをみているのですが、異常に水もちがよくおかしいなと思いながらも別の水口から漏れていたことに今日まで気づかなかったのですから誠にいい加減ですね。

 その水口があることはわかっていたのですが、古い土管で利用されてないと思い、そこから水が出ていたことはなかったのです。

 

 それではなぜ急に水が出てくるようになったのか、不思議でもなんでもないのです。畦切りした草が下の水路を塞ぎ、そこから水が逆流しその水口まで水位を押し上げていたのです。したがって朝夕の見回りは生きてきたのです。