イネつくり日記

 農業を始めた頃は、藪下田1号だけでしたが、一昨年から藪下田2号を作り始め、今年から東宮田1〜3号を作り始めました。

 

 藪下田は家から見えるところにありますが、田んぼに行っても何を観察していいのか、何をしていいのわからなかったので、田んぼの見回りをしなかったが(素人として恥ずかしい気持ちもあった)、慣行農業を教えてもらっていた師匠から◯◯はどうですか?と指示を受けてどうにか動く程度でした。

 

 不耕起栽培の塾に行き、基本的なことを学び、それからイネが観察できるようになりましたが、イネつくりは奥が深く一生勉強です。

 

 ところで今は軽トラックがあるので、田んぼを五ヶ所を見まわるのに40分程度で済むが、祖父の時代は大変だったろうと思うが、祖父にとって田んぼを見回ることは楽しみであり、大変だというような気持ちは一切なかったように想う。

 

 まだまだ足元にも及ばないとつくづく思う。