ダイズの登場!!

 ダイズは、「へそまがり栽培法」で栽培していますが、この方法で栽培している人は宮崎県にはいません。わが国のダイズ栽培は、1反当たり180キロしかとれませんが、この栽培法では600キロを収穫することは簡単なことです。

 この栽培方法は、不耕起栽培方法を確立されて亡岩澤信夫先生が「現代農業」にノウハウを公開され行われるようになったもので、その手法は斬新であるので未だに信じられていません。

  その方法とは、簡単に説明すると下記のとおりです。

         記

 ① ダイスが発根したら布と覆土を取り除き、日中太陽光に当てます。

 ② 夕方には軽く覆土します。

 ③ 子葉が伸びだし、八の字になったら、アッと驚く為五郎!?で、成長点を摘心し、根は一切付けないで切断します!!??

 ④ 根と成長点を切断した茎をポットに挿し木し、発根と同時に茎からの根がで、子葉の付け根から2本の茎がでてきたら移植します。