坂元塾長

 私は、西野先生が大阪に来られる週(金曜日〜水曜日)しか稽古ができないが、台風のおかげで何年かぶりに坂元塾長と稽古ができたことは幸せでした。


 最後のときは呼吸法も指導されたが、帝塚山道場では毎日教えてもらっていたので懐かしさもあったが、阿吽の呼吸のように緩急をつけながら、塾長がゆるみだすと真っ赤な鬼のようなからだになり、その気が道場いっぱいに広がり、まさに対気をしているような感覚になります。


 久しぶりなので特にそう感じたのではなく、呼吸法が対気そのものだという想いと通じるものがあり、呼吸法の一つひとつのパーツの意味もあらためて教えてもらいました。


 呼吸法の指導は先生によってまちまちのようですが、西野流の真髄がその中にあり、金太郎飴のような指導法でない西野流呼吸法はまさに王道なのです。