稽古が足りませんなぁ

 Bの稽古が終わり、お茶会を早めに切り上げ、帰り心鬼神の如くJR大阪駅に着くと、三宮への新快速も運休、しかたなく普通に乗ったが動かず、25分遅れでヤットコサ出発、車内放送を聞いて事態のただならぬことをようやく理解。

 甲子園口で電車はスットプ。降りてタクシーを探すと、北口、南口ともアリの行列。

 やっと頭が回りだし、フェリー会社に事情を説明するが出航を待つことなしと冷たい返事。万事休す。

 そうそう今回は欠航がこのような事態になったのだから、台風による列車の遅延も同じ理由と強引にこじつけ、再度電話すると検討すると、しばらくして明日の便に変更したとの回答。

 やれやれ!

 連れに事態を説明するも元気なし。息子に連泊を請いどうにか帰り着いたのは9時前。

 

 ドタバタ劇は一件落着ではなかった。

 西野流呼吸法を稽古していればなにものにもとらわれない身体能力が身につくはず。

 固定概念にとらわれないからだでないことを痛感。

 三ノ宮への交通機関はJR、阪急、阪神。

 なんと!!阪急は徐行しながら動いていたのです。

 

 15年間稽古をしているが、いままで如何なる事があろうとも稽古チケットを無駄にしたことはなかたが、今回は欠航になり追加のチケットを2回分残したのです。

 気の神さまのキツイお叱りをうけたのでしょう。

 稽古が足りない!!

 しっかり稽古して帰れ。