ダイズ畑の耕うん

 昨日も雨、今朝も雨と天気のせいにすれば、仕事ができないのはオレのせいじゃないと思いたいがそうでしょうか。


 農作業は天気に左右されますが、天気の日でなければできないのか、よく考えてみました。


 作業効率を考えると、雨降りに作業するのとそうでない日にするのとでは、格段に天気の日に作業が進むことは事実です。しかし週間天気予報を見ると雨ばかりであれば、雨が降ろうが槍が降ろうがやらなければ作業は遅れることは事実です。そういう年ばかりではないから諦めるより仕方がない。


 そこで雨間にダイスを移植する畑を耕うんしてみました。最初は泥んこ遊びの状態でしたが、水溜りはできますが整地できるのです。

 豪雨のときは避けるとしても段取りは進められるのですから、雨だからという抗弁は成り立たないのです。

 ダイズさんごめんなさい。怠けていました。雨降りでも移植をします。