オリーブ植栽

 オリーブは前の畑に植栽しています。何も考えずに見られる場所です。 

 灯台もと暗しといいますが、イネ、ダイズに比べると継子扱いです。何故そうなるのかようわかりません。

 

 今日は九州オリーブ協会の理事長、技術部長がわざわざ巡回視察し、個別農家を回って指導してもらえるのです。

 それで朝から泥縄でオリーブ畑の草刈りをしていたのです。本当はダイズの移植をやりたかったのですが、さすがにそうもいかなかったです。

 整備状況がよろしいとお褒めの言葉をもらいました。

 視察早々馬脚を現し、ハマキムシの被害にあっているわ、梢枯病で2本を枯らしているわで、防除ができてないという指摘を受けました。

 

 害虫、病原菌は薬剤での防除はできます。しかし毎日オリーブを見て回っていれば防除できるのです。こんなに条件のいい場所にありながらそれができないわけです。

 

 たしかに事前準備も事故対応もできていませんでしたが、すぐにできないことは多い。

事務量が多すぎるという批判には素直に認めますが、そこが田舎のよいところです。