茅の輪つくり

 比木神社では、正月から半年間の罪穢れを祓う夏越しの大祓を、夏祭りの前におこない、総代役員で茅の輪作りをします。


 茅はどこでも生えていたが、最近は用水路の環境美化の草刈りが行われ茅が少なくなったが、粟田会長には秘伝の場所があり、長く青々した茅を用意され、素晴らしい茅の輪が出来上がりました。