稽古始め(韓国公演)

 韓国公演に向け、神楽の割り当てが決まり、比木神社、神門神社、高鍋保存会の伶人は毎週稽古をします。

 若手だけでなく、ベテランもシビアに仕上げの稽古をすることになります。

 

 今日は高鍋保存会の若手が舞揚之舞、将軍之舞を厳しく指導されました。

 汗びっしょりになりながら会得したいと必死の形相です。