ポンプの修理

 連れの神通力がなくなり、イセキの押川さんに修理をしてもらったが埓があかず、井戸の鉄管に休止弁をつける段取りになっていた。


 ところがアサツキ井戸工事のお父さんから修理しましょうと申し入れがあり、押川さんに了承をもらい修理したが、動力ポンプではすぐに水が出たが、わがポンプはいうことを聴いてくれない。

 アサツキさん「こんなことは初めての経験、原因がわかりません」と手を上げました。


 先祖伝来の田んぼだったので甘えていました。

 お祓いをしてもらうことにします。