宇宙語

 西野流呼吸法は、呼吸法と対気をします。

 からだがゆるみ、充足すると、からだと周辺が一体となっていきます。

 

 特に対気のときからだがゆるみ、充足するとこの世とは異次元を体感することになります。

 

 その一つが宇宙語をしゃべることです。

 日本語をしゃべろうとしても喋れないのです。

 

 今日は対気を始めてから最後まで宇宙語をしゃべり続けました。

 

 ある人から『気』が抜けないからそうなるのでしょうといわれましたが、

 そうであれば立っておられず、場所を自由に歩き回ることができません。

 逆に気が足芯から抜けているのです。

 

 気が入ると自分ではどうすることもできない状態になり、気を抜いていかないと動けない状態になります。

 

 呼吸とは、息を呼くことで、これ以上呼けなくなったら口を閉じれば息は吸ってきます。この単純な原理が呼吸です。

 

 したがって気が入ってきたら、気を丹田から足芯に下ろしていけば、気は無限大に入ってくるのです。

 

 からだがゆるみ充足すると、気が無限大に入ってくる状態になり、足芯に吐きおろさなければそれ以上入ってきません。

 

 ゆるみ充足したときは、異次元の世界に遊んでいるのですから宇宙が喋れるのです。そのときは常に丹田から足芯に吐きおろしているのです。