比木神楽 公州公演 第3弾

地固まる

 朝日が差し込みまさに韓国晴れ?!

 日課の西野流呼吸法をゆっくりとおこない朝食へ。


 ロビーで雑談しながら扶餘観光に出発。


 


扶餘ぶら巡り

宮南池

 ロッテリゾート扶餘ホテルから南に位置する宮南池は蓮の名所であり、

 百済の武王が作った王宮の南側にある別宮です。

 

 扶餘公演の疲れを忘れさせるほど静かな公園でした。


百済文化団地

 百済王朝の宮殿を再現した百済文化団地を観光しました。

 奈良朝の平城京は元の場所に再現したものだが、この文化団地は名前のとおり宮殿や庶民の建物を集めたものです。

 

 たまたま宮殿の前庭で綱渡りの曲芸をしていたが、日本では考えられない光景でした。

 

 


韓国料理

 朝食もキムチ盛りだくさん。

 初日は尻がヒリヒリしていたが、食べるごとに体調も尻も元気になるから不思議です。


公州祭り会場

 神楽荷物の搬入で警備員とスッタフの問答が延々と続き、30分のロスがあったが、どうにかこうにか会場の近くに停車することができた。

 会場の周りには色とりどりのイルミネーションが輝き、おとぎの国に迷い込んだようだ。

 百済文化祭を1週間以上繰り広げているこの国は、やはりキムチの国というほかない。まさにエネルギーにあるれた国である。


 会場が3会場あり、どこも熱気ムンムンで、こんなかで神楽ができるのかと不安になったが、午後9時を過ぎるとどの会場も静かになりだした。


 さあ比木神楽の登場、登場です。




夜神楽の始まり

宮神楽

 神楽の始まりに相応しい舞台です。

 川が流れ、対岸に公州場がライトアップされ、最高の夜神楽です。


 今日の宮神楽は舞い手も緊張が溶けたのか、観客を飽きさせない気を醸し出していました。

 まさに一番神楽の役目を果たしました。



鬼神之舞

 いつもながら惚れ惚れしながら眺めていました。

 力が入らず抜けず、まさにゆるんだ鬼神之舞です。

 

 十分堪能してください。


将軍之舞

 将軍之舞は若々しく、将軍らしい舞になってきました。

 難をいえばちょっと合ってないところがみえますが、夜神楽ではこれも愛嬌でしょうね。

 

 これからの比木神楽を担っていく若者です。

 若々しく力強く舞ってもらいたい。

 

 

舞揚之舞

 舞揚之舞は、神と宮司との問答の舞です。

 この舞は今まで古老が舞っていたが、久未さんが舞う舞揚之舞も魅力がでてきました。

 

 夜神楽では神さんを惑わす舞になってきました。

 この舞がこの公園もポイントになってきました。

 

 

手力雄之舞

 初回は若干力が入っていましたが、今日はゆるんでいました。

 手力雄のユーモラスもでており、お客さんの拍手も満足したものでした。


 芸事は舞台が育てることが体感できました。



成就神楽

 締めの神楽の役割も十二分果たし、公州公演に満足してもらいました。