下鶴西野塾たより

 今日は下鶴西野塾の稽古日です。

 長友さんが大阪道場に稽古に行ったので僅かな人数での稽古になりました。

 

 呼吸法をしていると、からだから気がにじみでて、からだと道場内が通じあい対気状態になっていくのです。

 顔が上気し、口からはあくびがもれ、からだは不規則に揺れていきます。

 

 呼吸法でゆるんだからだは手と手を合わせなくてもひとりでに踊りだし、あっという間に2時間が過ぎるのですから至福の時間です。

 

 われにかえってからもその記憶が細胞(からだ)にのこり笑いがでてくるから不思議です。