神楽の師匠

 比木神楽の名人・伝承者が亡くなられました。

 比木神楽の歴史をビデオに修めたいと思い始めたが、こんなに早くお隠れになるとは思ってなかったが、想定外でないだけに情けない。

 

 通夜祭が行なわれ、師匠から教えを受けた小学3年、4年生の弟子が宮神楽を奉納したが、祭壇の師匠の顔をみていると満面の笑顔であった。

 

 どんな芸事の世界でもこれからというときに師匠が急に亡くなられることがあり、それをバネに精進して芸が引継がれていくのです。

 

 新しい比木神楽の夜明けで、故人とともに厳しい視線で弟子たちを見守っていきたい。