宝くじ

 今年の年末宝くじは一等10億円だそうですねぇ。

 たまに宝くじを買うこともありますが、死んだ父親から大阪でよく当たる売り場(大阪駅の特設売り場)で買ってくれといって5万円送ってこられ、買いに行ったことが思い出されます。

 

 小心者でしょうか、当ったことを考えると、恐ろしくなりなかなか買えません。

そんなバカなと思うでしょうが、10億を持ったこともなく、使いみも不道徳なことしか思い浮かばないのに、当ったたら人生が狂ってしまうことは明らかです。

 

 それならば買わずに、当ったらどうしようと夢を見るほうがどれほど楽しいかわかりません。

 馬鹿か!?とお叱りをうけますが、当たらないことは買っても買わなくても同じであれば、人生を10億ごときで踏みにじられるよりましではないですか!!??

 

 こんな話をしていたら、買う前に使いみちで夫婦喧嘩をしている話しを聞きましたが、これなどは最高に幸せなことではないでしょうかねぇ。