ウォーキング革命

 今日も歩くことがこんなにも簡単にできるのかと感心しながらウォークを楽しんだ。

 脚や腕を振りかざさなくてもスピードがでるばかりか、対気をしているように身体が震え愉しくて仕方がない道中だった。

 

 今まで平行直線を歩いていたときは重心は踵から内側におき、母球から小指の方に流れるように歩いていたが身体にブレーキがかかっているようだあった。

 たまに踵から小指に重心がかかり、親指に抜けたときは爽やかな風を感じたことはあった。

 

 自信もなかったし、歩くことが身体機能を高めるだけでなく、神経筋制御、神経筋機能を促進し、身体をゆるめるなど知る由もないことだった。

 それを補完するため丹田を華輪を振るようにゆるめて歩いていた。