素晴らしきウォーク

この尾鈴山のようにすっきりとなめらかなウォークでした。

 

内容は一昨日、昨日書いたとおりで、歩いているという感覚がなく、なにか軽やかな乗り物に乗っているという感じなのです。