愉快なウォーク

 呼吸法を1時間稽古して、愉しいウォークにでかけます。

 以前は歩き始めはどことなくぎこちなかったが、スタートしたときからスムーズに歩行がでるのです。

 まさに競走馬がパドックをゆっくりと歩んでいるようです。

 今は景色を見るより歩きを観察することが愉しくて仕方がありません。