翔ぶが如く

 すっきりと尾鈴山のような歩きっぷりでした。

 腕をふることは間違いではないが、肩に力がはいる振り方は身体を固くして力が伝わらない、これが昨日の問題点でした。

 

 そのことを修正し、肩甲骨をゆるめて歩きました。その結果胸を反らすこともなく、肩甲骨がゆるみ、歩行もスムーズにテンポよく伸びました。

 

 全体的な姿勢は若干前かがみのようだが、固まるところがなく、足裏に力が伝わり跳ぶように歩きました。

 時間も8分40秒も短縮でき、平均速度も9:57/kmと10分をきりました。