六甲山こんにちは

港を降りると、フラワー道路一直線。

陸橋から見る六甲山は影が薄い。

神戸市役所が威風堂々としているのと対照的である。

 

震災から21年目、そのキヅあとは払拭されたように見えるが、経済の地盤沈下は覆い隠すべきもない。

 

ピエロがのんびりとゆく。