雑念ウォーク

 寒さもだいぶ和らいできたが、それでも手は痺れています。

 

 予想では午後から雨がふるので農作業をどのようにしようかと考えながら歩いた。

 歩いているとつまらない思いも納得のいくように収まるのでとりあえず歩くのです。

 

 まさに思いは杞憂でした。