三州教区檀信徒研修会

 何かむずかしい研修会のようだが、浄土宗のお寺の檀家さんが、大隅、薩摩(鹿児島県)、日向(宮崎県)教区から集まった研修会です。

 初めて参加したが、今年は延岡市の三福寺に185人が集まりました。

 「なむあみだぶつ」と念仏を唱え、講話を聞き、東日本大震災被災者供養のため念仏を6500回唱えました。

 最後に法然上人と二祖聖光上人の伝記が上映されたが、俳優が演じたものでなく、プロテクターに法然上人、聖光上人などの絵が映し出され、その場で三州の僧侶が朗読しながら音楽と霧が立ちのぼるという臨場感あふれるものでした。

 

 朝は雨が降っていたが、演劇が始まるころには陽がさし

 「なむあみだぶつ」の念仏のおかげと思いました。

 

 高鍋町にかえり和気あいあいの懇親会になり、それでも余韻がおさまらなかった仲間とカラオケで盛り上がった一日でした。