あむあみだぶつ

 楽しいウォーキングを毎日していますが、今日は西野流呼吸法をしながら

「なみあむだぶつ」を唱えながら歩いてみようとふっと思い立ち、実行しました。

 この写真からは強い西風が吹いていることはわからないが、冷たい風となって体に吹きつけています。

 

 向かい風を受けながらこんな経験は一度もないが、「なみあむだぶつ」を呟きながらウォークしていると、ピッタと風がやみ温かい真綿に包まれたようになるのです。

 それも一度ではなく何回もあるのです。

 帰郷してから今日まで、こんなことは経験したことがないのです。

 

 毎日仏壇で念仏を十回唱えることはしていたが、ウォークの途中で念仏を唱えたことはなく、ウォークの一つの楽しみとしてやってみようとした途端、風が止まったのです。

 

 楽しみが増えました。

 なみあむだぶつ、なみあむだぶつ、なみあむだぶつ、なみあむだぶつ

 なみあむだぶつ、なみあむだぶつ、なみあむだぶつ、なみあむだぶつ

 なみあむだぶつ、なみあむだぶつ