種まきの準備始まる

 イネまきの準備を始めました。

 早期水稲(3月下旬田植え)のときは、塩選水・浸種は1月上旬にしていたが、

 昨年から普通水稲(6月中旬田植え)なので、ゆっくりと始めることになりました。

 

 富山県のとなみ野農業協同組合種苗センターから種籾を購入し、12日から20日以上浸種します。

 その後催芽機で催芽させ、播種機で播種し・発芽機で発芽させ、ビニールハウスで緑化させて、プール育苗をおこない、田植えとなります。

 

 これからは猫の目も借りたいぐらいの忙しさになりますが、無農薬・無肥料のイネつくりでは当然のことです。