大阪西野流たより

 下船すると、寒の戻りとはいえ神戸はやはり寒かった。

 道場に入ると寒さのことはすっかり忘れ、からだをゆるめて西野先生との対気のことばかり。

 呼吸法の稽古が終わり、対気となるとなぜか不安になる。

 ひたすらゆるめていくが一刻一刻西野先生との時間が迫る。

 いつものように先生との対気になると無心になれる。

 気をうけながらひたすら足芯に吐き下ろすだけだ。

 

 下ろせば下ろすほど無限に氣は注入されていく。

 あとはどうなっているのかわからない。

 異次元の世界にワープし、この世で味わえない楽園をさまよう。

 たぶん極楽とはこんな世界なのだろうと感じる。

 

 このような体験を一日に2回味わうのだが、その時々でニュアンスが違う。

 ゆるみすぎるとワープの次元が複雑になり、終わったあとからだの様々な箇所に歪が起こる。

 帰りの乗車中脳内がギシギシ揺らぎ、異変が起きそうな感じになった。

 ただただからだをゆるめるしかない。