いつのもウォーク

 

 西野の仲間たちがかえり、いつものウォークが始まりました。

 

 二日間の楽しかったことを反芻しながら歩いていると、田植えが始まっている風景にときの流れを感じました。