永遠のウォーク

 いつのもウォークです。

 暑すぎず、寒すぎず淡々と歩くことができる幸せ。

 

 雑念を楽しみながら、歩くことを楽しんでいます。