4市町連携事業の事前説明

 比木神社橋口宮司、総代会長粟田さんに先日私が木城町の担当者から説明してもらったこと(ブログ びっくりぽん!ぽん!ぽん!)を説明した。

 この絵図が木城町が作成し、その内容が協定書の4市町の連携事業を具体化したたたき台であるということを説明すると、感性の度合いによって表情が様々であった。

 

 比木神社の祭り(お里まわり、大年下り、神門御神幸祭)とは別の「日向百済」四神祭だと説明しても現実と夢との区別がつかないようで、この絵図がとてつもない内容であることはちょっぴりわかったようだ。

 

 次回の平成28年度比木神社総代会初会で、木城町の担当者から比木神社総代に直接説明をしてもらうことになった。