お見舞い

 今日も絶好のウォーキング日和だったが、

 歩苦会の仲間(わが夫婦を歩苦会に紹介した人)が入院したので宮崎県病院まで見舞いに行きました。

 控えめで明るい働きもので、過ぎたるはなお及ばざるが如しで、人工透析にならないように十分療養して戻ってきて欲しい。

 

 歩苦会の仲間は、建築関係の人たちで、元気で陽気な人達ばかりであり、デスクワークの仕事しか経験がないものには異次元の世界に来たようでいつも新鮮だ。

 通常は運動と縁のないようだが、そこは現場を飛び跳ねて体を動かしているので頑強で、少々のことにはへこたれない連中で今回のように働き過ぎでダウンすることもある。