新たなスタート

 スタートは68歳でも遅くない。

 故郷に帰って9年目、いろいろなことにチャレンジしているが、木城歩苦会を立ち上げたのは3年前なのにメンバー募集をしなかった。

 気持ちはそのうちと想いながら一歩がでなかったが、やっと昨日その壁を打ち破り、イベント参加を呼びかけた。

 

 今朝のウォーキングでは、パンフレット(第3回木城歩苦会のお知らせ)を5枚持ち、歩きはじめた途端会えたのだから幸先がいい。

 次々と会い5枚がなくなった。

 

 今日の天気のように、一点の曇りなくスタートが切れたことを、

 ありがたいと感謝しています。