大阪西野塾へ

 4月は田の神さまの許可がどうしてもおりず稽古に行けなかった。

 今月も万全の態勢ではないが、どうにかこうにか許しがおり、稽古にいけることになった。

 

 西野流呼吸法は一日もかかさず稽古しているが、西野皓三先生との対気は格別です。

 西野先生は一目で稽古状態を見抜き、それに見合った稽古をされる。

 つねに「お任せします」の気持ちで、まさに俎板の鯉です。

 

 心ではいかに農業に真心を入れたかが問われる稽古だが、頭脳知で推し計ろうとすること自体が、まだまだゆるんでいない証拠です。

 

 千日の稽古を鍛とし

 万日の稽古を練とすべし