ありがたいことです!!!

 西野流呼吸法の稽古もすみ、いざ出陣。

 前回の轍を踏まないように、点検に点検を重ね、田んぼの代かき。

 

 人の気配もない田んぼに入り、いざ代かき、前に進まない、「こうかなぁ、ああかなぁ」と試してみるが、ローターリーを下ろすとエンジンが止まる。

 この田んぼは、昨日「納豆菌の力」を散布したので、その影響かな???

 

 悩まないで、1反の方は固いのでそこに移動。

 「頼むよ」とロータリーを下ろすが、前に進まず、エンジンが止まる、

 万事休す。

 

 いつもの押川くんに7時前だが電話する。

 今日は新社屋の完成展示の日、「はい」と気持ちのいい声、会社です、

 これから田んぼに伺いますとの返事、

 最初の一声が、下げロックになっていないでしょうね!?

 

 このとおり、下げロック解除になっていますと、ロータリーを持上げてみせる、

 押川くんが運転すると、今まで拗ねたトラクターがスイスイ動く、

 どういうこっちゃ、ま朝なのに、狐につままれたようだ、

 

 交代して運転してみると、スムーズに動く、

 すまっかたね、すまかったねと平謝り、

 

 1時間30分のロスだったが、大きな勉強をさせてもらった。

 原因は乗って直ぐわかった。

 

 前回の代かきのとき、下げロック解除の状態をわざわざ下げロックに変更して、大失敗したが、

 そのときはロック解除にしなければイカンとわかり、事なきを得た。

 

 今回は出発前に、上げロックを下げロック解除して、「よしよし」と声出しバージョンで確認した。

 

 そこに大きな誤りがあった。下げロック解除を作業的にはしたが、機械の方は解除になっておらず、どうしたわけか下げロック状態になっていた。

 押川くんの一言に、ロータリーを上にあげて見せたとき、機械的に下げロック解除になっていたのです。

 

 過ちは人はだれでもする。

 

 ここからが気の世界です。

 この田んぼは先祖が残してくれた由緒ある田んぼで、高城合戦の戦場にもなったところです。

 井戸を設置したときもいろいろな障害にあい、最終的に比木神社のお祓いを受けてどうにか収まった経緯があるのです。

 

 まだまだ農業をなめたらあかんぞ、

 底の浅いアイディアで凌ごうとしていることに鉄槌を食らったのです。

 

 ご先祖さんはありがたいものです。

 こんな青二才にいつも目をかけてくださるのです。