たむら農苑まんだら

水口の補修

 田植え後五日目、そろそろ深水の準備をしなければならない。

 水口から流水を直接流すとイネが倒れるので、波板を衝立にして緩衝壁とする作業をした。

 

 二人ですればあっという間にできるが、地盤が固いところでは波板の調整が必要となり、一人では手間がかかる。

 

 どうにか波板を設置したら、畦際の雑草が目立ち、手で引き抜いていたら、1時間もかかった。

 

ダイズの緑化

 ダイズが緑化し、ビッシっと揃ったダイズの苗、

 

 芽が出揃った、苗箱によってまだらなところもあるが、夕方までは初生葉もでてくる。

 

ダイズ畑の草刈り

 梅雨になると、ダイズの生長も目を見張るが、雑草の伸びにも圧倒される。

 

 梅雨間に、ダイズ移植前に畑をトラクターで耕うんをするが、それまでに雑草の刈り取りをしておく。

 午前、午後と2時間刈払い機で雑草を刈った。

 

移植用苗箱の培土入れ

 明日はイベント、へそ曲がりダイズ栽培の頭の摘芯、根の断根を行うが、その準備として、苗箱の準備をする。

 

 苗箱に2戸のポット箱をセットして、摘芯、断根したダイズを挿し木する。

 

ダイズの苗箱の移動

 苗箱を陽だまりに置くと、35℃以上になるので、遮光ネットの下に移動し、ハウスの両窓を全開する。

 

 散水をしてやると、気温が下がり、息を吹き返す。

 

オーバーワーク

 不死身のタムちゃんでも10時間も労働すると、ダウン、

 

 ふくらはぎが痙攣し、足先が痺れてくる。

 シャワーを浴び、一眠りで回復、

 

 今日は特別講義として、地区の通夜もあり、目一杯