船上の楽しみ

 大阪道場には宮崎カーフェリーを利用するが、船上の楽しみは風呂、サウナとバイキングもあるが、

 船上で西野流の稽古をすることです。

 往復稽古をするが、波に揺られながらの稽古は、生物が海中に生活していた時代を疑似体験できるのです。

 

 大阪道場、自宅書斎、木城西野塾と会場が違うごとに様々な気を感じるが、洋上での稽古は、地上とはまったく異質な氣を感じるのです。

 

 往きは紀伊水道で、波は穏やかだが、それでも縦・横揺れをうけるので、からだをゆるめ、復路は日向灘だけに大揺れの中で並大抵ではない。

 その状況の中で呼吸法をするとからだがゆるみ、からだが液体のようになるのです。

 

 気候の良いときは甲板で行うが、見渡すかぎりの海原を眺めながらゆっくりと稽古すると、異次元に遊んでいるような気になるし、海原に吸い込まれるような恐怖心をいだくこともある。

 

 まさに至福と狂気が混ぜこぜの世界となるのです。