木城西野塾たより

 今日は木城西野塾の稽古日です。

 「ゆるめる」ことがわかりかけたので、楽しみに稽古にきました。

 

 曇り空で蒸し暑くもなく、空調を強く効かせるほどでもなかったが、

 身体が火照っていたので急冷で25℃にした。

  いつもは温度を高くしてという要望があるがなかった。

 

 それなのに【呼吸法】のとき汗が吹き出すぐらい暑かった。

 ゆるむと気が縦横無尽にでて暑くなるだろうと思っていたが、

 これほど部屋が生暖かくなるとは思っていなかった。

 

 【対気】のときは熱くなるので24℃まで下げたが、熱くて汗が出たと全員が声を上げていた。

 

 気は同調する。

 親子で性格が伝わるように、強い気に同調される。

 嬉しいやら可笑しいやら、ゆるめることはこういうことかと納得した。

 

 ゆるめる方法はある。

 マスターできれば誰でもゆるめられる。

 やはり秘伝は、«足芯呼吸の天遊»と«華輪»であった。

 

 分け入ればいるほど無限に拡がる。

 まさに宇宙である。