イネ観察ノート

 今日梅雨明け宣言がでた。

 予定では来週?かとのんびり考えていたが、ご覧のとおりすき間だらけの田んぼのままである。

 

 思惑どうりにいかないことは百も承知だが、イネたちにも事情があり、私を裏切ったわけではない。

 

 植物といっしょに暮らしていると、顔色を見られることがないだけ、永遠の営みを感じる。

 

 植物は動物と違って動けないだけ、何があっても動じることがない。

 それを商売の糧にしているのだからそう慌てることもないわけか。