ウォーク考

 尾鈴山の見える場所で、定点観測を続けているが、写真を見ると違っているようで、同じであることがハッキリわかります。

 

 ウォーキングも同じです。

 歩くことを内面、外面から見ると、違っているようで、同じなのです。

 

 歩き方を追求していくと、日によって、時間によって刻々と変わり、この歩きこそベストだと思えることも瞬時に消え、つぎからつぎへと異相が現れてきます。

 

 ウォーキングは生活そのものだ思うと、様相がガラリと変わってきます。

 ウォークが生活の手段・道具となり、手・足・頭・身体と同じになります。

 

 今日はそんなことを考えながら楽しくウォークしました。