イネつくり観察ノート

 「蔵人たむら農苑」は、一切の肥料を与えず、自然に任せる農法だが、

 それで育つのかという疑問があるが、土作りにその鍵はある。

 

 しかし自然の不思議に接すると、そんな土作りはちっぽけなこと。

 

 日中は35度以上の猛暑、だが夜半には雷鳴がとどろき雨が降るこのごろ。

 周りの田んぼはほとんど稲刈りがすみ、カミナリの恩恵を受けない。

 

 むかしから雷がなる年は豊作だと言われている。

 空中の窒素分がミネラルといっしょに田んぼにやってくるのだ。

 

 そんなマドロッコシイことをぜず、

 化学肥料をたっぷりとまけば事たる農法が現代農法。

 それでいいはずだが、そこが不思議。

 

 そんなややこした農法を見極めています。