迎え火

 ご先祖様をお迎えする迎え火を焚きました。

 

 孫はどこからご先祖様が来られるのか疑問だらけで、それでも松明が燃えきるまで蚊に刺され我慢をしていました。

 

 迎えの提灯と足を洗われる水桶を玄関にセットし、何時でもお帰りください。